棊子麺茶寮いしこん

棊子麺茶寮いしこん

味の司 石昆/棊子麺茶寮 いしこん
『味の司 石昆/棊子麺茶寮 いしこん』11月26日(金) ミッドランドスクエア商業棟地下1FにOPEN
食の感性を呼びおこす
新ブランド誕生。

昆布を基調とした商品を展開する石昆が日本の味覚の歴史を呼び覚ます、
グルマンのための新たなブランドを立ち上げます。
美味の求心者こそ、第一級の“だし”を味わいたいはず。
この冬、ミッドランドスクエアに、
今までにない体験のできる食空間が誕生します。

食の感性を呼びおこす新ブランド誕生。

イートインでは“だし”が主役

日本のものづくりの黎明期ともいえる大正7年(1918年)、石昆は、名古屋市で創業しました。
昆布を生業として名古屋ではじめての専門工場を操業して以来、石昆は東海地区を中心として食文化の根底を支え続けてきました。
こうして石昆の歴史を振り返ると、本物を見極めるお客様に支えられたミッドランドスクエアに、石昆がオープンすることに、強い絆を感じても不思議ではありません。
もともと日本人が古くから感じてきた旨味は、今や世界中のグルマンや料理人たちが評価するもっとも大切な味覚として認識されています。
昆布は旨味の代表格であり、昆布を知り尽くしているということは、つまり美味の創出に長けているということ。
昆布をベースにして、手羽先やうなぎ、惣菜、お菓子まで商品の幅を広げる石昆が、その歴史と技術と感性を総動員して創り上げるのが、11月末にオープン予定の『味の司石昆』と『基子麺茶寮いしこん』です。
「味の司石昆」では選りすぐりのギフト商品のラインァップを、「基子麺茶寮いしこんlでは第一級の昆布を用いた“だし”を味わっていただけるイートインコーナーとして、きしめんをはじめとしたメニューが並びます。
“だし”が主役の飲食店は東海地区でもはじめてではないでしょうか。
真の味覚を知る人のために、石昆が創り上げた新プランドがミッドランドスクエアに誕生します。

  • 昭和20年にオープンした名古屋駅の本社店舗。大正の創業から百有余年に渡り、“昆布のプロ"として、東海地区の食を支え続けてきた。
    昭和20年にオープンした名古屋駅の本社店舗。大正の創業から百有余年に渡り、“昆布のプロ"として、東海地区の食を支え続けてきた。
  • 専用に作られた炊き場では、化学調味料を使わず、昆布の旨味を十分に生かして丁寧に手作業で昆布巻や佃煮が作られている。
    専用に作られた炊き場では、化学調味料を使わず、昆布の旨味を十分に生かして丁寧に手作業で昆布巻や佃煮が作られている。
  • おぽろ昆布は削り方や職人の腕で品質に大きく差がでる商品。初代から受け継がれた門外不出の技術で、今も丁寧におぼろ昆布が作られている。
    おぽろ昆布は削り方や職人の腕で品質に大きく差がでる商品。初代から受け継がれた門外不出の技術で、今も丁寧におぼろ昆布が作られている。
店舗情報Access
  • 味の司 石昆/棊子麺茶寮 いしこん
    棊子麺茶寮いしこん

    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目71
    ミッドランドスクエア 地下1階
    営業時間/11:00~20:00(L.O.19:30)
    電話/052-462-9242
    座席数20席 予約不可
    食べログサイトはこちら ≫

  • 味の司 石昆/棊子麺茶寮 いしこん
  • 味の司 石昆/棊子麺茶寮 いしこん

2021年11月24日